image01

がん保険にはいろんな保障内容があります

生活していく上で病気になるかもしれないというリスクは誰にでもあります。そのリスクに対応する為に多くの人は保険に加入しています。病気になって入院や手術した時に給付金がおりる保険が医療保険とがん保険です。
人が一生の間にがんになる確率は高いと言われています。CMなどでは2人に1人ががんになると流れているので私はびっくりしました。

しかし今では医療技術の進歩でがんになったとしても助かる確率が高くなってきています。前向きに治療を受ければ助かる可能性が高いとなればほとんどの人が治療を受けると思います。
私ももしがんになったとしても出来る限りの治療は受けるつもりでいます。がんになった場合、お金はどの位かかるのかと考えた事があるのですが、私の場合は、仕事を休む事になるので有給を使い終わった後は収入が途絶えてしまいます。そして自慢にもならないですが貯金もそんなにありません。
今がんになったとしたらお金に困る事が目に見えています。そんな私のような人にぴったりなのががん保険です。

保険会社によって保障内容や保険料が異なってきますが、ほとんどの保険はがんと診断された場合に診断給付金としてまとまったお金が支払われるようになっています。
私の加入している保険では診断給付金として100万円給付されるようになっています。毎月数千円の保険料で万が一がんになった場合の安心を手に入れられるならと思って加入しました。
以前は診断給付金は1回限りで初期のがんの場合は給付の対象外になっていた保険も多かったのですが、最近のがん保険では初期のがんでも給付金がもらえるようになっているのが多くなっています。

また診断給付金も1回限りではなく再発、転移、新たながんでも受け取る事ができるようになっています。最近は通院での抗がん剤治療も多くなってきているのですがそれに対応するために通院給付金も受け取れる保険があります。
新しく販売される保険ほど、最新医療に対応できる保障内容になっているので、見直したり自分に合った保険を選ぶ事が大切です。